衰え知らずの美肌になろう|敏感肌の化粧水は刺激皆無

つらい症状には何が効くか

薬剤

更年期障害になると身体やメンタル面でさまざまな支障をきたし、本人がつらい思いをすることになります。このようなつらい症状を取り除くためには、更年期障害に効果のあるサプリメントを摂取し続けることも有効ですが、症状がひどい場合はサプリメントだけでは解決できない場合もあります。そこで症状がひどい場合は、産婦人科のお医者さんに治療をしてもらう必要があります。産婦人科の医院やクリニックでは主に投薬治療が行われ、その中でも最も多いのがホルモン補充による治療法です。更年期障害によるつらい症状は、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が急激に減少することが原因で、ホルモン製剤を補充することで女性ホルモンのバランスが整い、つらい症状の緩和につながります。女性ホルモン製剤はその人のホルモンの状態によって処方され、エストロゲンだけのものやプロゲステロンだけのもの、あるいは両方とも含まれるものがあります。そのため、その人のホルモンバランスに応じた適量の薬を投与することができます。また最近では注射や内服薬が苦手な人にも使用できる、外用のパッチ薬やジェル剤も登場しました。

ところでホルモン補充療法は更年期障害に優れた効果を現す治療法である反面、副作用が心配だという人も少なくありません。本来なら適度なホルモン補充療法でつらい症状も改善されるのですが、ホルモン製剤を用いた治療を望まない場合は、他にも漢方薬やプラセンタ製剤による治療法を行っている医院やクリニックもあります。漢方では当帰芍薬散や桂枝茯苓丸などが用いられるほか、プラセンタ製剤ではサプリに含まれる量よりも多く配合されている錠剤や、プラセンタ注射などによる治療が行われます。いずれの治療法も時間はかかるものの、副作用も少なく比較的安全な治療法として支持されています。さらにホットフラッシュやめまいなどの症状がひどい場合は、ガンマオリザノールなどを配合した自律神経調整薬を処方されることもあります。いずれの治療法も様子を見て、自分に合った方法で更年期障害を治療していくことが大切です。